スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本 

下の記事で、ワタシは洋書をいっぱい持っていると勘違いさせてしまったかもしれません
(。☉_☉)
いや~そんなことないです~
何しろ読めないんだから…。

編み物の本ではほとんど持っていません。


洋書で発見して、その後日本語に訳されているのを見つけたらそりゃあウレシイ♥
そんなことで買ってしまった巻き寿司の本。
付箋貼ってあるでしょ。えらいわー♪
巻き寿司


初めての洋書。
ドールハウスにはまっていました。カタログの癖に5千円くらいしたと思う。
国産本でドールハウスの本は、ほとんど見なかったから、洋書に手を出すしかなかった…と、いうことです。
1993年度版です。
カタログ


ドールハウスでは、こんな本も。
ドールハウス本


お気に入り。
使い古しの靴下でつくるモンスターの本。
毛玉とかついてて、ニオイたちそうなモンスター☆
モンスター


(昔の)SFとか、(昔の)漫画とか。絵本とか。
クラフト本に限らず本は大好きです~

スポンサーサイト

コメント

なぁははははっ\( ̄▽ ̄)/そうでしたかぁ(笑)
ん?(・○・)あたし?英語読めるんだろうって?おほほっ(-_-)とんでもない、ほとんど読めませんことよ(自爆)

けどさ、手芸関係の本って、別に本文が読めなくたって、写真だとか、図を見れば大抵理解できるでしょ?
それに洋書って、日本のデザイナーにはないデザインの優れた手芸作品があるので、それを見たいために購入することが多いんですわ(^0^)

洋書を中身を確認できないまま、アマゾンなどで購入するのは、一種賭けのようなものなのですが、慣れてくると鼻が利くようになるんですよ(笑)

手芸関係の洋書にはいろいろ優れたものもありますし、興味がおありなら、よい洋書をご紹介しますので、遠慮なく聞いてねぇ(^0^)/

あ、あたしもこのドールハウスのカタログ持ってるぅ\( ̄▽ ̄)/黄色じゃなくて、水色の表紙のやつ、きっと年度が違うのかもね

★Hiviki さん

うんうん!色使いとか、デザインとかおもしろいのよね~。(*´艸`*)
ただ、編み物に関しては本を買い始めたら果てしないから、部屋と本棚のスペースの関係上、洋書に限らずストップしてます。(あ、でもこの間買っちゃったのは編み物本だったっけ)

>ドールハウスのカタログ持ってるぅ
もぉ~Hivikiさんたらなにものぉ~?(*゚д゚*)

のり巻きの本もおもしろそうねぇ\(^0^)/かわいいねぇ♪
けど、あたし太巻きは食べるのは大好きだけど、あまり上手に作れないぃ( ̄▽ ̄;のり巻きだとね、ハム巻きってのが好きなの♪
ハムとマヨネーズを巻くのよ(笑)シンプルでおいしいよ。

>>ドールハウスのカタログ持ってるぅ
もぉ~Hivikiさんたらなにものぉ~?(*゚д゚*)

あたしもドールハウスに昔はまってました。なので、当時の材料の数々がウチに山積みに、、、(笑)
そうなのよ、当時は今のように書籍類がほとんどなかったのよねぇ。
このカタログは見ているだけで愉しいわよね♪

★Hivikiさん

>このカタログは見ているだけで愉しいわよね♪
そうなの♡
これはいつでもワタシを妄想の世界に引き入れてくれます~(。→∀←。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mitikusanoomiyage.blog108.fc2.com/tb.php/31-fe134cc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。